リアル社会で仮想通貨の決済をすることのメリット

仮想通貨で決済することのメリット

仮想通貨を利用すること

仮想通貨には、まず第一に、手数料の安さという利点があります。 政府や中央銀行が発行・管理しているわけではない、仲介業者を含まないといったような背景により、これまでの基本的な決済方法よりも、仮想通貨を用いた方が格段に安くなるといわれているのです。

手数料が安いというメリット

仮想通貨と聞くと、なんだか現実離れした話のように感じる方がまだまだ多いのではないでしょうか。
また、株やFXなど、投資といった類のものだという認識があり、自分には縁がないと考えている方が多いのかもしれません。
しかし仮想通貨とは、これからもっと世界中で浸透することが予想される、リアル社会でも使えるものです。

その名の通り、仮想「通貨」なのです。
だから、使い方やそのシステム等に大きな違いはあれど、「通貨」としての役割に限って言うと、各国で発行されている通貨と同じであると言えます。
例えば電子マネーと混同されている場合もあるようですが、仮想通貨はそのもの自体に価値があるため全く別物です。
そしてこのような観点からも、従来の通貨と同様であることが言えます。

では逆に従来の通貨との違いは何かと言うと、一つの国に属していたり依存していたりしないということです。
国が発行した通貨ではなく、インターネット上で流通し管理されている通貨なので、「バーチャルマネー」や「バーチャル通貨」といった呼ばれ方をすることもあります。
しかし「バーチャル」であるがために、リアル社会で使用することのメリットもあるのです。
仮想通貨は今後の成長へ期待が寄せられ、都市銀行が参入したりと、さらなる発展が予想されます。
そんな仮想通貨について、利用することのメリットに注目してまとめてみましたので、ぜひこれを機に仮想通貨について考えてみてもらえたらと思います。

高速での取引が可能である

もう一つの大きなメリットはそのスピードです。 国際送金の場合でも、1時間もあれば完了してしまうのです。 さらに、インターネット接続さえあれば、世界中どこからどこへでも送金が可能です。 また銀行などとは違って、土日祝や年末年始、時間などに関係なくいつでも利用できます。

様々な国や場面で使える

仮想通貨はインターネット上でのやり取りとなりますので、国境がありません。 両替の必要がなく、仮想通貨そのままの価値でやり取りができます。 金融機関等を介さずに、利用者間でダイレクトにやり取りが可能ということは、ビジネスにおいても個人間においてもメリットがあると言えます。

TOPへ戻る